2016年6月6日

残業代割増賃金率の変更を決定

月45時間までの時間外労働(残業)における割増賃金率を、従来の25%から35%に引き上げることを決定いたしました。これにより、月45時間までの残業代割増率が、月45-60時間の割増率(30%)を上回ることになります。
当施策や、従来より全社的に行っている業務改善活動を通じて、効率的で生産性の高い働き方の促進を、引き続き目指してまいります。
なお、当施策は2016年4月の勤務分より開始いたします。