DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > CSR情報 > 地球環境への取り組み > 環境データ

CSR情報


環境データ

環境パフォーマンスデータ スコープ3 算定結果
(2016年度実績)
近年の気候変動問題の深刻化に伴い、企業には自社の温室効果ガス排出量に留まらず、サプライチェーン全体における排出量を把握することが求められています。
ディスコは、2014年度から当社を取り巻くすべての活動から排出される温室効果ガス排出量の算定を環境省ガイドラインに基づき行っています。
2016年度は、サプライチェーン全体での温室効果ガス排出量(スコープ3)は約749千t-CO2となりました。
最も排出量の多いカテゴリは「販売した製品の使用」で約84%、次に「購入した製品・サービス」が約8.5%を占めておりました。
今後、この算定結果を踏まえて、省エネ製品の企画、開発の推進に加え、関連するステークホルダーと情報を共有しながら、サプライチェーン全体での温室効果ガス排出量削減を推進していきます。
スコープ3 カテゴリ別算定状況
カテゴリ 算定状況
1 購入した製品・サービス
2 資本財
3 スコープ1、2に含まれない
燃料およびエネルギー関連活動
4 輸送、配送(上流)
5 事業から出る廃棄物
6 出張
7 雇用者の通勤
8 リース資産(上流)
9 輸送、配送(下流)
10 販売した製品の加工
11 販売した製品の使用
12 販売した製品の廃棄
13 リース資産(下流)
14 フランチャイズ
15 投資
-:対象外
環境パフォーマンスデータ ↑ページTOP
一覧へ戻る
CSR情報
地球環境への取り組み
 
 

個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ