DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > CSR情報 > 地球環境への取り組み > ライフサイクルアセスメント

CSR情報


LCA(ライフサイクルアセスメント)

精密加工装置の環境配慮
LCA(ライフサイクルアセスメント※1)の実施
精密加工装置のエネルギー負荷は、製品のライフサイクルの中で約95%以上が装置使用時に発生すると算出しています。そこで装置使用時のCO2 排出に焦点をあて、その排出量を定量的に把握し、装置の省エネを進めています。

DFD6362とDFD6361のLCA比較評価
新機種DFD6362は旧機種DFD6361の後継機種です。両装置で1チップ(5mm角)あたりの加工にかかるエネルギー負荷を比較すると、DFD6362では10%以上※2のCO2排出量を削減できます。DFD6362は電気部品の省エネ化、省エアー設計やワーク処理工程の高速化を実現したため環境効率が向上しました。

新機種DFD6362
1 チップあたりのCO2排出量比較
(g-CO2/チップ)

※1 LCA:Life Cycle Assessment の略。製品の原材料の調達から、製造、輸送、使用、廃棄までのライフサイクル全体を通して、環境にどのような影響を与えたかを定量的に評価する手法のことです。
※2 諸条件により数値は異なります。
一覧へ戻る
CSR情報
地球環境への取り組み
 
 
精密加工ツール

個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ