DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > CSR情報 > 働きやすい職場づくり >ワーク・ライフ・バランス

CSR情報


ワーク・ライフ・バランス

育児支援制度
ディスコでは、社員が仕事と家庭を両立し、より安心して働けるように2005年4月から新たな育児支援制度を導入しました。「育児(=次世代を担う子どもを育てること)」をサポートすることは、社会の一員である企業として当然の役割です。また、女性社員が多数活躍しているディスコにとって、仕事と育児を両立できる環境づくりは従業員との価値交換性を高め、成長する組織となるために必要不可欠なことであると考えています。
社員が仕事だけでなく、社会や家庭を通して数多くの経験をすることは、多様化していく組織にとっても強みになります。そのため、女性社員はもちろん男性社員も取りやすいように考えられた様々な支援策があります。具体的な制度は以下のとおりです。
育児支援カレンダー
 
※1 失効年休 年次有給休暇のうち、未消化により失効となった有給休暇。 特定の目的にのみ利用可能 (上記の育児目的の他、ボランティア活動や自己啓発にも利用可)
※2 出産準備休業 正社員・特定の契約社員のみ利用可能
※3 育児のための失効年休利用 育児休業とは別に育児のために失効年休の利用可能
※4 育児両立支援休暇 正社員のみ利用可能
特徴的な制度としては、「妊産婦健康管理休業」「出産準備休業」「育児両立支援休暇」があります。
妊産婦健康管理 休業
つわりや健康診査などのために取得できる休業で、体調が不安定な妊娠時に、社員が会社を辞めることなく安心して働けることを目的としています。

出産準備休業
産前産後休業の前から取得でき、安静が必要な際や外国籍の社員が母国で出産する場合など、様々な形で活用されています。

育児両立支援休暇
男性社員も取りやすいよう、短期でも有給で休みが取れるように導入しました。制度導入後、男性の育休者も増えています。

上記の表の支援策以外にも、育児のためにかかる費用を補助するための手当を2006年4月より導入しました。また、介護のための支援策も以下の表のように用意されています。
不妊治療支援への取り組み
ディスコでは、育児支援策をより広義に捉え、子供がいる従業員のみであった育児支援策の対象を、2007年度からは望んでいるにもかかわらず子供に恵まれない従業員へも広げました。
具体的には、国が行っている「特定不妊治療費助成事業」の助成基準に準じて治療費を補助する制度を導入しました。年度内2回まで通算5年間、1回10万円を上限とする補助を実施しています。
介護支援カレンダー
厚生労働省より「次世代認定マーク(くるみん)」を取得
ディスコは、ワーク・ライフ・バランス支援等について定めた次世代育成支援対策推進法第13条に基づく行動計画をたて、仕事と家庭の両立支援に積極的に取り組んできました。この実績が認められ、認定開始初年度となる2007年に「次世代認定マーク(くるみん)」を取得いたしました。
今後も引き続き、従業員が多様なワークスタイルを確立し、仕事と家庭の両立を図るために必要な支援に積極的に取り組んでまいります。
平成29年3月1日~平成34年3月31日までの行動計画はこちら
企業内託児所の開設
育児休業を取得している従業員が職場復帰しやすいように、また安心して働き続けられるように、本社・R&Dセンター新棟に託児所を開設しました。
この託児所は2008年11月に竣工した新棟2階部分に設置し、2009年4月より運用を開始しています。
プロの保育スタッフ(株式会社 ポピンズコーポレーションに委託)による教育や、専門の栄養士による手作りの食事の提供、託児所利用者の車通勤優先許可など、プログラムの工夫や、利用環境の整備に努めています。
CSR情報

個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ