DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > CSR情報 > 働きやすい職場づくり > 能力開発

CSR情報


能力開発

ディスコの能力開発に対する考え方

変化の激しいビジネス環境においては、企業の発展・成長を支える従業員一人ひとりが変化に対応できる人材となることが益々重要になってきています。個性や能力の発揮は従業員自らの意思にかかっています。ディスコはその意思や意欲を応援するため、能力開発につとめていけるような環境づくりを目指し、各種教育等のプログラムを用意しています。

能力開発基本方針
1. 社会・顧客に対する責務
2. 従業員としての義務
- ディスコ構成員としての義務
- マネジャーとしての義務
3. 選択と自己責任によるキャリア形成の支援
4. 戦略的早期育成
DISCO Career Academy (DCA)

日々の業務を遂行する過程外で、各種Off-JTの機会を設けています。
特定業務や部門において専門知識・技術・技能を向上させるためにおこなう教育と、全従業員対象のDCAがあります。
DCAでは従業員に必要とされる最低限の知識や能力等の習得を目的とした必須型、各人のニーズやテーマに合わせて受講できる選択型の教育が多数あります。

<階層別研修の例>
中途入社者導入研修

入社間もない社員が1日も早くディスコでの仕事に慣れ、早期戦力化を目指した研修です。
ディスコ内の基本的なしくみやルールについて学びます。
また、企業としての目指すべき方向性や経営の基本的なあり方、一人ひとりの働き方など、さまざまな観点から「あるべき姿」を明確にした企業理念であるDISCO VALUESについても継続的に学ぶ機会を用意しています。

<テーマ別研修の例>
Kiru・Kezuru・Migaku(KKM)に関する研修

ディスコのビジネステーマであるKKMの更なる深化のための研修です。
お客さま側のコスト意識を学んだり、実際の装置に触れたり、ディスコの製品や技術をより深く理解するための研修が用意されています。

自己啓発援助制度

通信・通学講座に対する援助や、社内でネイティブ講師による英語研修を受講できる機会の提供等、従業員自らの意思と努力による自主的な学習意欲をサポートする制度も用意しています。

CSR情報

個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ