DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > 株主・投資家情報 > 経営情報 > 社長メッセージ

株主・投資家情報


社長メッセージ

拡大し続ける半導体需要が「高度な Kiru・Kezuru・Migaku技術」の拡大につながり、売上高・利益は過去最高を更新しました。

事業環境・業績
2016年度は、スマートフォンに加えてデータセンタ向けに高性能な半導体の需要が高まったことから、フラッシュメモリを中心に積極的な設備投資が見られました。また、半導体以外の分野においても精密加工のニーズが高まっており、部品メーカなどへの装置出荷も増加傾向にありました。
こうした加工ニーズの高まりは消耗品である精密加工ツールの売上にも表れており、年々着実な増加を続けております。
その結果、前年度から為替の影響は受けたものの、売上高は4期連続、営業利益は3期連続で過去最高を更新しました。
株主還元につきましては、配当方針に基づき、業績連動型の配当に加え、余剰資金からの追加配当を上乗せして1株当たりの配当金は年間374円とさせていただきました。


今後の見通し
2017年度は、引き続きデータセンタやスマートフォン、自動車向けなど様々な最終製品において、より一層高性能な半導体需要が高まっていることから、メモリを中心に幅広いアプリケーションで「高度な Kiru・Kezuru・Migaku技術」が拡大すると思われます。増え続けるお客さまの加工ニーズへ対応するため、桑畑工場の拡張や積極的な研究開発を進めております。
しかし変化の激しい半導体業界においては先々を予測することは困難なため、会社は事業環境の変化に素早く対応する力が求められます。中長期視点で会社を強くするためにも、良質な企業文化の醸成に注力するとともに、社員一人ひとりが能動的に動ける仕組みづくりや進化・改善活動を継続してまいります。

ステークホルダーの皆様におかれましては今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
2017年6月
代表取締役社長
関家 一馬
株主・投資家情報

個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ