DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > 株主・投資家情報 > 経営情報 > DISCO Story

株主・投資家情報


DISCO Story

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
創業当時の第一製砥所(呉市)
1937年(昭和12年)、広島県呉市。軍艦や兵器の開発を行う呉海軍工廠の周辺には、工業用砥石のメーカーがひしめいていました。満州から故郷へ帰ってきた関家三男はこれに目をつけ「第一製砥所」を設立します。しかし後発メーカーである第一製砥所にとって、海軍工廠からの受注は思うようにはいかず、営業へ出た大阪では厳しい値下げ要求の連続。「これではやっていけない」そう思った三男は、東京神田に事務所を構え、たった一人で民間企業への売り込みを始めました。創業4年目、最初の転機でした。

第二の転機は、1941年、東京進出の翌年に訪れました。小物の研削・研磨用砥石を製造する会社を買収したのです。この買収を弾みに、精密砥石に力を入れるようになり、新製法のレジノイド砥石の製造に成功。この製法は、砥石を薄くでき、精密切断加工を可能にするものでした。

戦後復興期。開発した1.2ミリメートル厚の高精度レジノイド砥石は、住宅ブームの後押しもあり、家庭用の積算電力計に内蔵された磁石の先端を研削する用途で広く使われました。この実績を買われ、1956年には大手万年筆メーカーのリクエストで万年筆のペン先を切り割るための厚さ0.14ミリメートルの極薄砥石を開発。100%のシェアを獲得したのです。万年筆用に開発した極薄砥石は、その後、0.1ミリメートルまで薄くなり、電子部品加工に用途が拡大していきました。

そして、1967年、ひとりの営業マンが次の転機をもたらします。「万年筆ペン先砥石の半分の70マイクロメートル(0.07ミリメートル)の砥石を作れば、半導体の切断に使用できる」という情報を得たのです。一年後、ついに、厚さ40マイクロメートルの超極薄レジノイド切断砥石「ミクロンカット」の開発に成功。半導体の世界と社業の未来に向けて高々と帆を揚げたのです。
第2話:新社名「DISCO」で世界へ!
株主・投資家情報

免責事項
よくあるご質問
用語解説
IRサイトマップ
個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ