DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > ニュースリリース

ニュースリリース


プレスリリース


2008年10月21日

産業用装置で初となる組込み型セキュリティソリューションにカスペルスキー製品を採用

株式会社ディスコ(本社:東京都大田区、代表取締役社長:溝呂木 斉)と情報セキュリティソリューションを提供するソフトウェアメーカーの株式会社Kaspersky Labs Japan(東京都千代田区、代表:川合 林太郎)は、このたび産業用装置ならびに半導体製造装置ではじめて、カスペルスキーソリューションを株式会社ディスコのダイシングソーに組込み採用することを共同で発表します。

昨今、ダイシングソーのような精密加工装置が海外で使用される際、USBメモリ経由でのウイルス感染が深刻化しており、ホスト通信機能などを用いた場合の二次感染リスクも高まっています。従来はこうした精密加工装置のセキュリティ対策は、ユーザー企業における装置使用時のルール設定およびその遵守など、オペレータが細心の注意を払う事でしか対策を講じることができませんでした。しかし業界において高いシェアを持つディスコでは、お客さまの装置使用環境もさることながら、装置側でのセキュリティ対策が重要であると考え、このたびこうした課題を解決するために業界でもいち早くセキュリティソフトを装置へ組込むことを決定しました。

セキィリティソフトとしては、検知率および新種マルウェアへの対応速度に定評があり組込み実績も豊富なカスペルスキー社製品を採用します。今後ディスコが販売するダイシングソーでは、カスペルスキー社のセキュリティソフトを標準オプションとして搭載出荷し、顧客の要望に応じてリモートアクティベーションを実施した上でご使用いただく予定です。ユーザー企業が、万一マルウェアに感染したUSBを接続した場合でも、装置への感染を防ぎ、また感染の事実を知ることで、社内システムへの適切な対応をいち早く講じることが可能となります。

株式会社ディスコについて

株式会社ディスコは、半導体および電子部品製造に使用されるダイシングソーやバックグラインダと呼ばれる精密加工装置、および装置に取り付けて使用するツールを提供しています。また、これらの製品に加えてその利用技術である高度なアプリケーション技術を提供することで、お客さまにとっての最適な加工結果の提供を実現しており、その結果として製品の世界シェアは70%を超えています。
ディスコは1937年の創業以来培ってきた、Kiru(切る)・Kezuru(削る)・Migaku(磨く)の3つのコア技術を駆使した包括的ソリューションの提供を使命として活動し続けています。

Kaspersky Labについて

カスペルスキーはウイルス、ハッカー、スパムなどのIT脅威からお客さまのコンピュータを保護する最高レベルの情報セキュリティソリューションを提供する国際的なソフトウェア開発企業です。 1997年創設以来、本社の所在地であるロシアをはじめ欧米ならびにアジアの16ヶ国に事業所を展開し、世界60カ国で500社以上のパートナーネットワークを通してソリューションを提供しています。
カスペルスキー製品はセキュリティ製品の検証機関の権威であるAV-Comparativesでの「Advanced+」認定を業界で唯一10回連続受賞し続けている他、West Coast Labや Viru Bulletinを始めとする主要機関の認定、有力ITメディアからの受賞も数多くあります。2003年にはマイクロソフトのセキュリティソリューション部門でゴールド認定を受けており、同時にSUSE、Red Hatのパートナーにもなっています。当社のエキスパートはCARO、ICSA、IMPACTといった専門機関・対策機関のメンバーです。

お問い合わせ先
本件に関するお問い合わせは以下の連絡先までお願いいたします。
株式会社ディスコ
IR・広報室 澤田、市岡
Phone: 03-4590-1090
E-Mail:

株式会社 Kaspersky Labs Japan
広報・マーケティング部
E-Mail:
ニュースリリース

レーザエンジニア募集中(キャリア採用)
個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ