DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > ニュースリリース

ニュースリリース


プレスリリース


2010年3月1日

新型インフルエンザを対象としたパンデミック対策を解除

株式会社ディスコ(本社:東京都大田区、社長:関家一馬)では、2009年5月より、新型インフルエンザの感染拡大防止策として、パンデミック対策本部を立ち上げ、ステークホルダの皆さまへの影響を最小限にすべく対策をおこなってきました。
このたび、社内における新型インフルエンザ向け予防接種の実施、日本国内のインフルエンザ感染者数の減少などの状況を鑑み、当社が設定しているリスクレベルを「Low」から「Normal」に引き下げます。これに伴い2010年2月末日付けで対策本部を解散し、感染拡大予防策を解除することに決定しました。

リスクレベル:当社が独自に設定しているレベルで、新型インフルエンザの発生状況により、実行すべき対応を定義したものです(レベル Noリスク~Hiの5段階。レベルHiが最も警戒を強めるレベル)。
詳細は、下記よりご確認いただけます。

新型インフルエンザパンデミックへの備え

解除したおもな対策

【ステークホルダの皆さまに関連する対策について】

• 訪問者(お客さま、サプライヤなど)に対する入館時のマスク着用依頼を解除

【従業員に関するもの】

• 公共交通機関などの人が密集する場所における常時マスク着用の義務を解除

今後の対応

入館時の手指消毒、および従業員の健康管理に関する対応(マスク携行、体温管理など)については、日常的な健康管理対策として継続していく予定

当社の生産拠点である広島事業所においては、現在生産が逼迫しており感染リスクを最小限に留める必要があるため、3月末まで従来の対策を継続する予定

今後発生する可能性のある感染症対策について
当社は事業継続マネジメントシステム規格 『BS25999-2:2007』の認証にあたり、認証対象リスクのひとつとして、感染症などのパンデミック(世界的大流行)も対象として加え、マネジメントシステムの構築をおこなっております。今後あらたに感染症に対するリスクが高まった際にも、マネジメントシステムに基づいて、適切な対応を迅速に取ることで、事業の継続性を確保して参ります。
お問い合わせ先
本件に関するお問い合わせは以下の連絡先までお願いいたします。
株式会社ディスコ
広報室
Phone: 03-4590-1090 Fax: 03-4590-1076
ニュースリリース

レーザエンジニア募集中(キャリア採用)
個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ