DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > ニュースリリース

ニュースリリース


プレスリリース


2010年7月7日

日本政策投資銀行による「環境格付」「防災格付」初の同時取得

株式会社ディスコ(本社:東京都大田区、社長:関家一馬)は、株式会社日本政策投資銀行(本店:東京都千代田区、社長:室伏稔 以下DBJ)による「環境格付」並びに「防災格付」にて上位レベルの格付を取得し、2010年7月14日に両格付に基づく融資を受けることになりました。なお、環境・防災両格付の同時取得は初の事例です。

「環境格付」「防災格付」融資はDBJが独自に開発した評価システムにより、企業の環境経営度・防災への取り組みを評価し、優れた企業に対しその評価結果に応じて融資条件を設定する融資制度です。

環境格付融資について

当社は、地球生態系と自然環境を守ることが重要課題であると認識し、経営資源を投入しております。環境格付では主に下記の点で評価を受け、「環境への取り組みが先進的な企業」と認定されました。
融資に当たり、当社は原単位当たりのCO2排出量を5年以内に5%削減するという誓約を行い、「環境格付利子補給制度」の適用を受けました。

精密加工装置全てにライフサイクルアセスメント※1を実施。旧製品比10%以上のCO2削減効果がある製品を開発するなど、製品使用段階における環境負荷への配慮を行なっている

使用済み装置を回収する仕組みを構築し、回収装置の100%再資源化を達成するための拡大生産者責任※2を果たしている

当社装置による加工時に用いる純水をほぼ100%リサイクル可能とする装置「DWR1720」を開発・販売することで、販売先へも環境配慮を促す動きをしている

【資金用途】

省エネ効率を高める設備の導入および、本年11月着工予定・呉工場新棟の環境設備資金 など

防災格付融資について

当社は、大地震などの災害発生時においても「お客様への製品供給責任」を果たすため、事業継続計画(BCP)を策定・整備・実行しております。防災格付では主に下記の点で評価を受け、「防災への取り組みが特に優れた企業」として最高ランクの格付を取得いたしました。

大地震や台風などの自然災害や火災、感染症の流行、システム障害などが現実となっても事業を継続し、早期復旧することを目的としたBCPを策定、全社的な対応計画を整備している

本社および全ての主力工場に免震設備を導入している

東京と広島に拠点を有する特性を活かし、情報システムの相互バックアップ体制が構築されている

【資金用途】

本年11月着工予定・呉工場新棟の免震構造設備導入費 など

※1

ライフサイクルアセスメント
原材料の調達から製造、使用、廃棄までに至る製品ライフサイクルの各段階において生じる環境負荷について、その影響を定量的に測定・評価するための技法

※2

拡大生産者責任
生産者は製品を製造・販売し、顧客側で製品が使用・廃棄された後も、適正な処理およびリサイクルされる段階まで製品に責任負うという考え方

お問い合わせ先
本件に関するお問い合わせは以下の連絡先までお願いいたします。
株式会社ディスコ
経営支援室 広報チーム
Phone: 03-4590-1090 Fax: 03-4590-1076
ニュースリリース

レーザエンジニア募集中(キャリア採用)
個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ