DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > ニュースリリース

ニュースリリース


プレスリリース

2012年1月12日
株式会社日本格付研究所による格付について

株式会社ディスコ(本社:東京都大田区、社長:関家一馬)は、下記の通り株式会社日本格付研究所(JCR)により長期優先債務の格付を「A+」(据置)、見通しについては「安定的」(据置)と評価されました。

格付の内容
対象 格付 見通し
長期優先債務 A+(据置) 安定的(据置)
格付機関

株式会社日本格付研究所

格付日

平成24年1月11日
(最初の格付取得は、平成21年11月26日)

格付事由(JCR社のリリース文より抜粋)
1)

精密加工装置と精密加工ツールの最適な組み合わせ、加工条件などを選定するアプリケーション技術により、顧客に最適な加工結果を提供できるという強みが維持されている。また、LED用サファイア基板などを切断するレーザソーの垂直的な事業立ち上げにも成功。高輝度LEDに対応するステルスダイシング加工のレーザソーでは現状、独占的な地位にある。

2)

半導体市況の回復やレーザソーの拡販により過去最高の売上高を更新し、営業利益率も回復した。円高への対応や、設備投資に慎重姿勢を示しているメーカーへの対応等の課題はあるものの、薄化の設備投資やTSVの研究開発投資は比較的堅調である。精密加工ツールによる収益の下支えもあり、業績の大きな落込みは避けられる見通しである。

3)

財務構成は良好で、自己資本は従前に比べて厚みを増す一方、有利子負債は少額にとどまっている。工場など主要建設物の免震構造化が一巡したこともあり、設備投資はピークアウト。当面、良好な財務構成の維持が可能とみている。

詳細につきましては、JCR社のウェブサイトをご覧ください。
http://www.jcr.co.jp/release/pdf/11d0813DSC.pdf
お問い合わせ先
本件に関するお問い合わせは以下の連絡先までお願いいたします。
株式会社ディスコ
経営支援室 広報チーム
Phone: 03-4590-1090 Fax: 03-4590-1076
ニュースリリース

レーザエンジニア募集中(キャリア採用)
個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ