DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > ニュースリリース

ニュースリリース


プレスリリース

2014年11月25日

精密加工ツール2種を製品化
抗折強度※1向上型ゲッタリングDPホイール「DPEG-MZ」
高負荷な条件での安定加工を実現するハブブレード「ZH14シリーズ」

株式会社ディスコ(本社:東京都大田区、社長:関家一馬)は、半導体ウェーハの裏面研磨に用いられるドライポリッシングホイール、及び、切断に用いられるダイシングブレードの新製品を開発しました。
本製品はSEMICON Japan 2014(12/3-5:東京ビッグサイト)に出展します。


【抗折強度向上型ゲッタリングDPホイール「DPEG-MZ」】

開発の背景
当社は2009年に抗折強度とゲッタリング効果※2の維持を両立※3したゲッタリングDPホイールDPEGシリーズを開発し、メモリデバイス等の製造プロセスにおいて採用されています。
(2009年プレスリリース記事:https://www.disco.co.jp/jp/news/press/20091125.html
製品の特徴
新開発DPEG-MZは、現行DPEGと比較しさらなる抗折強度向上が可能となりました。
ウェーハ仕上げ厚さ25µmの加工時でも十分な抗折強度を保ち、ダイボンディングなどの組立プロセスにおける破損リスクを低減します。
三点曲げ※4抗折強度比較 仕上げ厚さ: 25µm
プロセス: DBG(Dicing Before Grinding)
研削装置: DGP8760
切断装置: DFD6361ハーフカット仕様
三点曲げ※4抗折強度比較


【高負荷な条件での安定加工を実現するハブブレード「ZH14シリーズ」】

開発の背景
デバイスの小型化・低背化を実現するため、バンプの付いたフリップチップ※5などの採用が進んでいます。 これらのワークは、ダイシングの際ブレードに長い刃先出しが求められるため、蛇行や切れ曲がりが発生しやすいという課題がありました。
製品の特長
新開発の高剛性V1ボンドを採用することで、高速・深切り・長い刃先出しでのワンパス加工といった高負荷な条件における破損や蛇行を抑制し、高品位な加工を実現します。
高速での加工品質向上
ブレード破損限界速度※6が20%上昇し、高速での安定加工が可能となり、加工品質が向上します。
高速での加工品質向上
加工品質の向上
深切りや長い刃先出しにおいても、切れ曲がりや蛇行なく加工が可能です。
(SEM画像)
現行製品 ZH14 加工対象: シリコン (厚さ2mm)
切り込み深さ: 1mm
カッティングスピード: 110mm/s
回転数: 30,000min-1
使用ブレード: SD2000-**-50
カーフ幅: 25μm
刃先出し量: 1.28mm
現行製品 ZH14
※本評価は、意図的に薄く刃先出しが長いブレードを作製し、加工不良が発生しやすい条件下でおこなっています

今後の予定
2014年12月:SEMICON Japan 2014 出展
サンプル出荷:対応中

※1抗折強度
半導体チップの曲げに対する物理的強度のこと。主にウェーハを研削/研磨加工した後、そのウェーハをチップサイズにして破断試験にて測定する。
ウェーハ裏面の研削は、ウェーハを破砕するような形で加工をおこなうため破砕層と呼ばれる加工歪みが残り、そのため抗折強度が落ちる。この破砕層をドライポリッシュやCMPなどのストレスリリーフで除去することによって抗折強度を改善することが可能。
抗折強度を高めることで、切断後のチップ実装におけるウェーハの割れや欠けを低減し歩留まりを向上させたり、最終製品の信頼性を向上させることが可能。
※2ゲッタリング効果
シリコンの基板内(内部もしくは裏面)に、ゲッタリングサイト(結晶欠陥、歪みなど)を形成し、ここに汚染不純物を捕獲・固着することで、重金属汚染によるデバイスの特性不良を抑制すること。
ゲッタリングDPは、ウェーハ裏面の微小な傷でゲッタリングサイトを形成し、重金属不純物を捕獲する。
ゲッタリング効果模式図
ゲッタリング効果模式図
※3抗折強度とゲッタリング効果の維持を両立
一般に、ストレスリリーフで破砕層を除去すると、ゲッタリング効果が十分に得られなくなる。
※4 3点曲げ測定
チップに線状の荷重をかけ、チップが破壊された際の応力を測定する方法。
3点曲げ測定
※5 フリップチップ
チップと基板をバンプ(突起状の端子)によって接続するデバイス。ワイヤで接続する従来の方式に比べ、実装面積を小さくでき、配線が短いため電気的特性が良い。最終製品の小型・薄型化を実現するために半導体デバイスでの採用が進んでいる。
6ブレード破損限界速度
※6ブレード破損限界速度
加工速度を上げていった時にブレードが破損する速度
お問い合わせ先
株式会社ディスコ
経営支援室 広報チーム
Phone: 03-4590-1090
Fax: 03-4590-1076
ニュースリリース

個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ