事前に記憶したアライメントデータを元に自動で被加工物上から切断ラインを検出する動作です。
被加工物上に存在するアライメントターゲット(目印)を探し出し、それを基準として角度調整し切断ライン位置を割り出します。