DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > ソリューション > アプリケーション実例集 > ダイシング

ソリューション


アプリケーション実例集


超音波加工のメリット- 3
 
近年、ハイブリッド車のインバータモジュール、太陽光発電システムの電力変換器などに使われる次世代パワーデバイスの材料として、Siに代わりSiCが注目されています。SiCデバイスはSiデバイスと比べて、消費電力、耐熱性、動作速度に優れ、小型軽量化が可能なデバイスとして期待されています。


◆加工事例
SiCは硬度が高いため、従来の電鋳ブレードではSiC加工時にブレードが目つぶれを起し、チップの欠けや割れ、ブレードが破損することがあります。
超音波ダイシングでは砥粒加工に超音波を援用することにより切削抵抗を下げ、安定した加工が可能です。さらにブレードの目つぶれ防止にも効果があります。


Photo1:超音波ダイシング加工表面

超音波ダイシング加工表面
Photo2:加工後のブレード状態
(電子顕微鏡写真)※104ライン加工後
加工後のブレード状態
本機能は一部機種のオプション仕様となります。詳細は弊社営業までお問い合わせ下さい。




一覧に戻る
ソリューション

Kiru・Kezuru・Migaku特集
 
 
アプリケーション実例集
 
 
DISCO Technical Review
 
 
ソリューションサポート
 
 

KABRA レーザエンジニア募集中(キャリア採用)
中古半導体製造装置
個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ