DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > ソリューション > アプリケーション実例集 > グラインディング

ソリューション


アプリケーション実例集


PZT研削における面内粗さばらつきの均一化
 
圧電体材料によく用いられるPZT(チタン酸ジルコン酸鉛)研削時、面内チップ間で面粗さばらつきが発生することがあります。 このばらつきは、「インフィードとクリープフィード」の応用により低減可能です。

PZT研削での面粗さばらつきの抑制は、下記特性の安定につながります。
圧力を電気に変換
電気を振動・変位に変換
電気を振動に、再度、電気に変換

クリープフィード研削は、面内粗さばらつきをインフィード研削の約 1/5 程度に抑えることができ、ばらつき対策として効果的です。
詳細は下図をご参照下さい。


Table 1:インフィード・クリープフィード研削後 面内粗さばらつき


Figure 1: 面粗さ測定ポイント




一覧に戻る
ソリューション

Kiru・Kezuru・Migaku特集
 
 
アプリケーション実例集
 
 
DISCO Technical Review
 
 
ソリューションサポート
 
 

KABRA レーザエンジニア募集中(キャリア採用)
中古半導体製造装置
個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ