DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > ソリューション > Kiru・Kezuru・Migaku特集 > ダイシングソー用超小型純水リサイクル装置「DWRシリーズ」 > メリット2:初期投資の削減

ソリューション


ダイシングソー用超小型純水リサイクル装置「DWRシリーズ」

メリット2:初期投資削減
DWRシリーズ導入のメリット×10
② 初期投資の削減
一般的な半導体工場の付帯設備として設置される純水リサイクルプラントは、フル生産を前提として準備するため初期投資が大きくなりがちです。新規のビジネスなど、生産量が段階的に増加する場合は、純水プラントの投資が負担になることがあります。DWRの場合は、生産数量の拡大に合わせてダイシングソーとともに導入することで、初期コストを抑えることができます。
ダイサ導入台数と純水設備コスト

また、DWRを用い段階的に純水設備を導入すれば、立ち上げ初期の減価償却を抑えることができます。生産数が少ない段階での費用計上を抑えることができるため、収支の改善にも役立ちます。

純水設備の原価償却の比較(定額法5年償却):純水 純水設備の原価償却の比較(定額法5年償却):DWR
お問い合わせ
本件に関するお問い合わせは、ディスコ担当営業、もしくは へご連絡ください。
ソリューション

Kiru・Kezuru・Migaku特集
 
 
アプリケーション実例集
 
 
DISCO Technical Review
 
 
ソリューションサポート
 
 

KABRA レーザエンジニア募集中(キャリア採用)
中古半導体製造装置
個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ