DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > ソリューション > Kiru・Kezuru・Migaku特集 > ストレスリリーフ(ドライポリッシング)

ソリューション


ストレスリリーフ(ドライポリッシング)

近年、コンピュータや携帯電話などに搭載されるICパッケージの小型化・高密度化に伴って、パッケージ内のデバイスにも小型化・薄化が求められてきています。デバイスウェーハを薄化することによって、チップ強度が弱まりアセンブリ工程で割れが発生したり、反り量が増大してスタックパッケージのダイボンディングなどが困難になることがあります。これらを改善する手法として、グラインディング工程後にストレスリリーフを導入する方法が考えられています。
ストレスリリーフとしては、主に以下の4手法がありますが、ここではドライポリッシングについてご紹介いたします。
ドライポリッシング CMP(Chemical Mechanical Polishing) ウェットエッチング ドライエッチング
ドライポリッシング
CMP(Chemical Mechanical Polishing) ウェットエッチング ドライエッチング
図1. ストレスリリーフ概要
アプリケーション
バックグラインディングプロセスにドライポリッシング工程を追加することにより、グラインディングによる研削ダメージが除去され、更なる抗折強度の向上が可能となります。ドライポリッシング工程により、主に以下の3つの効果が得られます。
① 裏面の鏡面化
② 反り量の低減
③ 抗折強度向上
図2.に示すように、グラインディングのダメージ除去の指標となる抗折強度(球抗折)の結果から、2µm除去を推奨しております。
ドライポリッシング除去量違いによる球杭折強度
図2. ドライポリッシング除去量違いによる球杭折強度

装置
お客様の使用環境に合わせることのできる高い拡張性と、幅広いアプリケーションを実現させる機能を備えたラインアップを取り揃えています。
DFP8140 DFP8160 DGP7860
DFP8140
DFP8160 DGP8761

砥石
ディスコ独自の技術によって開発したストレスリリーフ用のドライポリッシングホイールです。
<特徴>
- ノンダイヤモンド砥粒子
ソーマークなく加工が可能
- 固定砥粒砥石
スラリーなどを使用しない = 環境負荷が小さい、ホイールのみで加工が可能
- ドライ加工
加工に水やスラリーを使用せず、CoOの低減が可能
ドライポリッシングホイールドライポリッシング
ホイール


ソリューション

Kiru・Kezuru・Migaku特集
 
 
アプリケーション実例集
 
 
DISCO Technical Review
 
 
ソリューションサポート
 
 

KABRA レーザエンジニア募集中(キャリア採用)
中古半導体製造装置
個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ