DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > ソリューション > Kiru・Kezuru・Migaku特集 > ウォータジェットソーによる切断

ソリューション


ウォータジェットソーによる切断

ディスコではダイシングソーやレーザソーの他に、ウォータジェットソー(製品名:DAW4110)によるさまざまな加工アプリケーションも提案しています。DAW4110では、昇圧された水と共にノズルから吐出される研磨材がワークを切断します。
高速高圧の水と共に吐出される研磨材によってワークを加工
図1. 高速高圧の水と共に吐出される研磨材によってワークを加工
DAW4110による加工のメリット
非熱加工
遊離している研磨材がワークに衝突して切削を行うため、摩擦による加工熱が発生しません。加工熱による切断不具合が生じやすい材料に対して有効です。
曲線加工
基本的に直線加工のみが可能なブレード加工に対し、DAW4110ではジェット水流がワークと点で接して切断を行います。そのため、曲線加工に適し、プログラムした輪郭で高精度にワークを切り取ることができます。
低水圧加工
DAW4110では、AWSJ*方式を採用しているため、一般的なウォータジェットに比べ、低水圧での加工が可能です。そのため、薄く脆い材料や柔らかい材料、積層した材料等、多くの材料種に対応できます。
* AWSJ : アブレシブウォータサスペンションジェット(Abrasive Water Suspension Jet)の略。最も普及しているAWIJ方式(Abrasive Water Injection Jet)に比べ、低水圧での加工が可能です。ディスコは、独自の研磨材濃度安定化技術の開発を進めることによって、実用化が困難とされていたAWSJ方式を実現しました。
低水圧によるさまざまなメリット
低騒音・低振動
一般的なウォータジェットに比べ、騒音や振動を大幅に抑制できます。
安全性
一般的なウォータジェットに比べ、メンテナンス不良が発生した際の、水圧による装置損傷リスクが低減しています。
省スペース
昇圧ポンプの小型化により、省スペースに貢献します。
低環境負荷
研磨材を効率よく使うため、損耗していない研磨材を水中で回収して再利用するシステムを採用しました。
低環境負荷
さまざまな素材の加工例
下記の写真のように、さまざまな素材の高精度な非熱曲線加工が可能です。
(左上から時計周りに、銅・シリコンゴム・アルミ・SUS・ガラス・ガラスエポキシ樹脂)
さまざまな素材の高精度な非熱曲線加工
装置
オートマチックウォータジェットソー DAW4110
DAW4110

ソリューション

Kiru・Kezuru・Migaku特集
 
 
アプリケーション実例集
 
 
DISCO Technical Review
 
 
ソリューションサポート
 
 

KABRA レーザエンジニア募集中(キャリア採用)
中古半導体製造装置
個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ