DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > 会社情報 > 社史

会社情報


1937年-1955年 : プロローグ

社史TOPに戻る 1956年-1964年
会社の歩み 製品の歩み
関家 三男が第一製砥所を呉市阿賀町に創業
1937年
ビトリファイド研削砥石の製造ならびに販売を開始
組織を有限会社第一製砥所に変更し、本社を東京都神田に移転
1940年  
稲根本製砥所(東京都品川区五反田)を買収し、当社工場とし本社も移転
1941年
  1942年
阿賀工場の一部を改築し、レジノイド切断砥石の製造を開始
本社ならびに東京工場共に戦災を被る
終戦のため、一旦工場を閉鎖
阿賀工場のみで生産を再開
1945年
本社を東京都港区芝田町に移転
1950年
積算電力計C型磁石スリット入れ用レジン砥石を開発。シェア100%を達成した
本社を東京都港区芝5丁目に移転
1953年
  1955年  

かねてより造船で有名であった広島県呉市。1937年、株式会社ディスコはその広島県呉市阿賀町に砥石メーカーの「第一製砥所」として創業しました。
当時の呉市は、戦艦大和の建造で知られる呉海軍工廠があり、日本一と言われたハイテクのメッカで製砥業も栄えていました。しかし、優秀な先発同業者もおり、後発組の当社は品質的にも官需の仕事がとれず、やむなく民需を求めて本社を東京に移したのです。
戦後の復興期、電力計メーカーから思いがけない商談が持ち込まれました。電気をいくら使ったかを計測するための積算電力計の内部にあるC型の磁石の先端を研削、研磨する必要があり、このC字型磁石研削用の砥石を作れないかというものでした。それまでの切断用砥石は石材の研削加工用に用いられていたため、技術陣を総動員して砥石の薄型化に取り組み、当時では驚異的な厚さ1.2ミリの高精度砥石の開発に成功しました。これを契機に、ものを精密に切断するというテーマに関心を向け始めたのです。
この本社移転と切断砥石への転換がなければ、現在のディスコはなかっただろうと思われます。

社史TOPに戻る 1956年-1964年
会社情報

展示会出展情報
個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ